うつ情報ブログ。記事ページ

2009年05月03日

自分の歌をうたい続けること

人間が学校というフェンスを出ると、そこは、
ドラゴンワールド(現実の、悪意に充ちた世界)なわけだ。

地球上には三十億だか、四十億だかの人間がいて、
おまえはその三十億プラス一の余り者にすぎない、
おまえのことなんか誰も関心を持っていやしない、
生きていようと死のうと、こっちの知ったことか、
みたいな扱いを受けることになる。

ある人間がだめになるというのは、そういうことなんだよ。

どうやってそれに対抗するかといったら、
やっぱり自分の歌をうたい続けることだと思うね。

『うるせえ、おまえのその変な歌をやめねえと張り倒すぞ』

かなんか言われて、
それでだめになっちゃうことだってあるけど、
張り倒されてもまだ歌い続けることだ。

もちろん、ドラゴン・ワールドにあっては、
明日の飯代をどうしよう、
今日の部屋代をどうしようなんていうわずらいもある。

それはしようがないから、思いわずらい、
駆けずり回りながらでも、自分の歌だけはうたい続けるわけだ。

リチャード・バック(イリュージョンあとがき 訳:村上龍)

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/u2blog/51631369